店舗の適切なスタッフ管理とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加



スタッフ管理


念願の店舗出店の夢を叶えた後に待っているもの、それは店舗が続くように運営管理していくことです。

売上や在庫の管理も大切な仕事ですが、この記事ではスタッフ管理についてお話していきます。

適切なスタッフ管理を行い、店舗運営を軌道に乗せましょう。


スタッフ管理の仕事内容とは




まず、スタッフ管理の仕事には大きく下記の3つがあります。


1.スタッフの募集・採用


2.人員配置・シフト作成


3.スタッフ教育


自分1人で店舗運営ができるのであればこれらの業務は不要となりますが、スタッフを抱えての店舗運営であれば必要な管理業務になります。


スタッフの募集・採用




出店する前に既にスタッフを確保していない限りは、スタッフの募集や採用をする必要があります。


次のいづれかの方法で、あなたの店舗を一緒に盛り上げてくれる仲間を見つけましょう。


◆知り合いに頼む


最も低コストで実現できるのがこの方法です。


知り合い、とりわけ家族や仲の良い友人であれば気心が知れているのでやりやすさもあるでしょう。


しかし、相手方の今のお仕事をどうするのかという問題など、誘いを受け入れてくれる確率は高いとは言えません。また、仕事となると多少のいざこざが起こり得ます。間柄が近いからこそ、仕事とプライベートは別にしたほうが良いという考えもあります。


◆求人サービスに登録する


コストこそ掛かる場合が多いですが、最もポピュラーなスタッフ募集の方法です。


今は掲載無料のサービスが出てきているので、まずはそこから試してみるのも手です。


急ぎでスタッフを募集したい場合は、有料サービスを利用してオプションを活用するなどで注目を集める手を打ってみましょう。求職者は住宅の近隣で仕事を探すパターンが多いので、店舗の宣伝にもなるという効果にも期待できます。


◆Webで募集する


店舗のホームページやSNSでの呼びかけでスタッフを募集する方法です。


こちらの方法は、既にあなたがSNSで一定数のフォロワーを獲得していない限りはおすすめできません。出店したばかりのお店のホームページへのアクセスはそれほど見込めない上、SNSでも見に来てくれる方の多くはあなたの「商品」に興味がある方が大半であり、そこで働きたい方はメインではないからです。


Webは集客やブランディングの面で大きな力を発揮します。スタッフ募集・採用とは切り分けて活用するのが良いでしょう。しかしながら、先述の求人サービスを見てホームページを確認される方も少なくありません。Web上での情報発信や情報更新は間接的にもスタッフ募集に影響すると考えて良いでしょう。


スタッフ管理2


人員配置・シフト作成




◆人員配置


まず、人員配置の目的は「店舗の利益率を最も高めるために必要最低限の人員を投入すること」です。


業種ごとに異なりますが、季節や曜日、時間帯によってお客様の閑散期とピーク時はまちまちです。それらに合わせた適切な人員配置をすることで利益率を高めることができます。


注意点として、人件費を削減したいからといってピーク時でも少ない人数で忙しすぎる状態を招くのはよろしくありません。お客様の満足度を下げるばかりか、せっかく採用したスタッフが辞めてしまう恐れもあります。


また、店舗経営者としてスタッフの適性に合った人員配置をすることも大切な仕事です。事務作業が得意な人、元気で接客向きな人、細かい部分によく気がつく人など、スタッフの性格を含めた適切な人員配置が来店したお客様の満足度を高めること、ひいては店舗運営を続けていくにあたって重要な要素になります。


◆シフト作成


人員配置の仕事の一部ですが、店舗運営にあたりシフト作成も重要な業務です。


スタッフの業務内容にも仕事の難易度があり、それぞれ習熟度は異なります。それらを適切に把握してシフトを作成していく必要があります。


どの時間帯にも高難易度の仕事を任せられるスタッフを配置するようにシフトを組まないと店舗運営が立ち行かなくなります。時には店舗経営者自身がシフトを埋めることも必要になってくるでしょう。


最適で効率的なシフト作成のためにも、管理システムを活用する手もあります。




スタッフ教育




先程お話した、業務習熟度がスタッフ全員高難易度の仕事までできるようになったらどうなると思いますか?


お客様の満足度は向上し、それに伴って売上が上がることでしょう。そして店舗経営者が楽になります。上記の状態は理想的ですが、それに近づけるためにもスタッフ教育をしっかりやっていくことが店舗経営者にとって大切です。


◆教育の方法


スタッフ教育においては、人によって向き・不向きがありますので、絶対的な正解はありません。その人に合った対応をすることが大切です。


基本的なスタッフ教育の流れは次の通りです。


準備⇒提示⇒実行⇒評価


1.準備


何を習得して欲しいかを整理しておきましょう。


2.提示


どのように動いてほしいのかを手本を見せながら伝えましょう。


3.実行


ロールプレイングで実際に動いてもらいましょう。


4.評価


小さなことでも出来た部分は認め、改善したい部分もしっかり伝えましょう。


◆スタッフとのコミュニケーションも大切に


スタッフ教育といっても、仕事を教えることだけではありません。時にスタッフの意見や相談を「聞く」ことが大事なコミュニケーションです。


ともに店舗を盛り上げていく仲間の声に耳を傾けることで、新たな視点から自分の店舗を見つめなおすヒントがあるかもしれません。


 


スタッフ管理は経験積み上げ型の長期戦です。


あなたの理想の店舗に近づけるために、そしてあなたのお店で働くスタッフが長く働きやすい職場と感じてもらうためにも、スタッフ管理について考えてみましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加