人気ラーメン店社長に聞く社員への想い
【テナントブックオリジナル記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加



神仙、神やぐら、らぁめん秀などのラーメン店を運営する株式会社全力の元。
なんと創業より100回以上、全国各地のフードイベントに出店している。
さらにはコンビニエンスストア、かっぱ寿司とのコラボも手掛ける、人気ラーメンブランドを経営する石川県の企業だ。

その株式会社全力の元の河方社長にインタビューを行った。
第1回は、社長の社員への想いについて伺った。

第1回 人気ラーメン店社長に聞く社員への想い
第2回 人気ラーメン店社長に聞く物件探し
第3回 人気ラーメン店社長に聞くプロモーション



過酷だった幼少期からラーメン屋を始めるまで




――河方社長のプロフィールを拝見し、ラーメン屋を始めるまでに相当な苦労をされているなと思いました。
河方社長プロフィール

生まれが福岡なんですけど、17歳になったばかりの頃に石川県に来ました。

15歳の頃から実家を出て働いており、その時は地元の先輩と一緒に住んでいました。
しかし、そこを離れることになり実家に帰ったんですが、裕福な家ではなくて。
「実家に戻るなら家賃を払えよ」と言われ、反抗期だったので「それだったら寮のあるところに勤めよう」と考えました。
そこでたまたま、求人に石川県の会社が載っていたんです。
「あなたでも月給100万夢じゃない」というキャッチフレーズだけで、どんな仕事かもわからず面接に行き受かりました。
今思えば、そこで初めて仕事に対して真剣に向き合いました。
厳しい会社でしたけどね。売れなかったら辛いですし。

ただすぐに帰ったらカッコ悪いので嫌だな、と。
この時代だったらスマホで友達と簡単に連絡を取れるので、弱気になって帰っちゃったんでしょうけど...。
あの時は公衆電話しか連絡方法もないですし、不便だったのが逆に今に繋がりました。

――何故ラーメン店を始めたのでしょうか?

31歳の頃にお店を始めたんですが、その時勤めていたのは夜の仕事だったんです。
一生続けられない仕事と思い「自分の好きなものって何なのかな?」と振り返った時に、「映画か野球かラーメン」と考えたんです。
いきなり映画監督は出来ないし、プロ野球選手も無理ですから(笑)
小さいころからラーメンは好きだったので「食べる」から「作りたい」という想いに駆られたんです。

店舗拡大は社員のおかげ




――今、こうして店舗を拡大できている要因はなんでしょう?

社員のおかげなのは間違いないです。
最初、拡大は考えていなかったんです。
今ある店舗を小さくても良いので続ける、というか借金を返すことが第一目標でした。

それから働く社員が増えていったおかげです。
そうしていく内に、いろんな経営者の本も興味をもって読むようになり。
「事業の目的は喜ぶ人を増やすこと」という言葉に感銘を受けました。

沢山のお客様の喜びと笑顔を作りその結果、社員がイキイキと自分の強みを発揮できる環境を作るのが自分の第一の使命。
その目的があった上で店舗を増やしていかないといけません。

――HPを拝見し「社員を大事にしている」ということを強く感じました。そこはかなり注力していらっしゃるんですか?

全力の元HP


どの経営者でも社員の心身ともに豊かにする、やりがいがある環境を作り出す、お客様の喜びを作り続けるのは、絶対的な使命だと思っています。

今でも店や人が増えたらコミュニケーションの量も減ってしまいますし、そこにテクニックはないと思っているので。

どれだけ顔を合わすか、とか。
どれだけ楽しい時間を過ごすか、一緒に飯食べてバカ話できるか、大きな挨拶を上司の方からちゃんとできるのか・・・。
基本を大事にしようということです。

――人心掌握のテクニックではなく、人と人の繋がりを重要視しているんですか?

そうですね。
手法とか良い方法というより「どういった想いでやっているか」という共通言語や理念の浸透、そういう地道な積み重ねですね。
遠回りしているのが実際には一番の近道です。
価値観が合わなかったら色々な問題も出てきますから、そこは大事にしています。

まとめ




若いころから苦労をし、だからこそ行き着いた社員に対する想いなんだろう。
ホームページに書いている"ミッション"の一つにも、その想いが現れている。
【共に働く従業員の成長と物心ともに幸福になることを追求し、会社に関わる全ての人の活力に貢献する】

当たり前のことだが、従業員を大事に出来なければ企業経営・店舗経営は成り立たない。
ご自身の店舗では、それが出来てるだろうか?
不安定な世の中で、従業員も様々な不安を感じているかもしれない。
そのことを改めて考えるべきだろう。

次回は物件探しに関して考えを伺う。

出典:週末、金沢。

第1回 人気ラーメン店社長に聞く社員への想い
第2回 人気ラーメン店社長に聞く物件探し
第3回 人気ラーメン店社長に聞くプロモーション

インタビューしてほしい、あの企業のインタビューを読みたい、この業界のインタビューを読みたい、なんでもOKです。下記メールにご連絡ください。
info@tenantbook.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加